話題の人

FLOWER FLOWERの結成日や事務所は?メンバーの名前と年齢や代表曲も

FLOWER FLOWERの結成日や事務所は?メンバーの名前や担当と代表曲も

『YUI』という名前で活動していた一人のシンガーソングライターが、様々な事情で活動を休止しました。

現状を打破したいという思いで、自分が尊敬するミュージシャンを集めて『FLOWER FLOWER』というバンドが結成されました。

 

さすがに実力者の集まりとあって、リリースされる曲は瞬く間にオリコンチャート上位の常連となりました。

 

今回はそんな人気、実力を兼ね備えたバンド『FLOWER FLOWER』のメンバープロフィールから活動内容までを一気にご紹介していきましょう。

 

FLOWER FLOWERの結成日や事務所はどこ?活動経歴も

『FLOWER FLOWER』はYUIさんを中心に2013年1月に結成された4人組バンドグループです。

当初はスタジオでのセッションを重ねて、本格的にライブ活動に向けた準備を開始しました。

 

同年3月には数度のシークレットライブを行い互いの感性を確かめ合いつつ、同時に来場者の反応を肌で感じ、感触を確認する期間に充てています。

 

そしてついに同年4月3日、『FLOWER FLOWER』として正式に活動を開始しました。

主にフェスなどのライブに参加する形を主流としていますが、2017年6月に東京と大阪で、7月には名古屋で初のワンマンライブを開催しています。

 

またアーティストをマネジメントする所属事務所ですが、『YUI』という名前は竹内結子さんや、北川景子さんがいるスターダストプロモーションに所属していた時の名前です。

『FLOWER FLOWER』として活動を始めてからは『yui』と小文字に改名しました。

 

ここでひとつ疑問に思われたでしょう。

「じゃあ、前の事務所は辞めて今はどこの所属なの」と。

その件についてひとつ考察してみた結果をお伝えしましょう。

 

もともとアーティストとして自己表現をしていきたかったYUIさんですが、事務所は様々な形でのタイアップ企画に力を入れたいという方向で動いていました。

 

そこで何度か話し合いの場を持ち、結果的に籍はスターダストプロモーションに置いたまま、マネジメントはソニーミュージックが行っているというイレギュラーなスタンスになっているのが現状のようです。

半分フリーランスといった距離感を選んだのでしょう。

 

そんな状況に線引きをするため『yui』と小文字に改名し、ショートカットのヘアスタイルへとイメージチェンジを図ったようです。

一般企業の雇用関係とは無縁な芸能界ではよくある話しですが、なかなか理解し難いですよね。

 

スポンサーリンク

FLOWER FLOWERのメンバーのプロフィール!担当楽器や誕生日と年齢は?

では肝心のメンバー構成やそれぞれのプロフィールについてご紹介します。

 

yuiのプロフィールや経歴

FLOWER FLOWERさん(@flower_flower_official)がシェアした投稿

yuiはボーカルとギターを担当しています。

1987年3月26日生まれであり現在は31歳(2018年5月現在)。

出身地は現在の福岡県古賀市です。

 

yuiは母親の影響で幼い頃から母親の影響で歌うことが好きな女の子でした。

中学3年生の時にたまたま聴いた洋楽に感銘を受け徐々に音楽活動に傾倒していったという、才能を持った人がその道を歩み始めるサクセスストーリーの始まりみたいなエピソードですね。

 

むらじゅんのプロフィールや経歴

FLOWER FLOWERさん(@flower_flower_official)がシェアした投稿

次はキーボード担当の『むらじゅん』

1983年4月18日生まれの35歳(2018年5月現在)。

 

鹿児島県出身で驚くなかれ、最終学歴は学習院大学哲学科卒業という教養と思想の持ち主です。

『Venomstrip』というバンドのメンバーでもあり、GLAYなど他のアーティストのサポートミュージシャンとしても活動する多彩な顔を持ち合わせています。

 

何より3歳からピアノを始め、大学時代には軽音楽部に在籍していたというある意味音楽エリートですね。

しかも大学在籍中にその実力からスカウトされ、堂本光一さんのツアーに参加するというプロとしての活動も行なっていました。

 

まふまふ

FLOWER FLOWERさん(@flower_flower_official)がシェアした投稿

そしてベース担当の『まふまふ』

1977年2月1日生まれの41歳(2018年5月現在)。

 

大阪生まれでO型という、周囲からは大雑把で、お気楽者の八方美人などと表現される大らかな人間性。

真船勝博の名義で絢香さんをはじめ数々のアーティストのライブやレコーディングのサポートミュージシャンとして、その活動は多岐にわたります。

 

注目すべきはベース関連の教則本の執筆もこなす逸材であるということです。

 

高校1年生当時、周りはエレキギターに熱中していたのに1人エレキベースを始めています。

この選択が現在の活躍のルーツなのでしょうね。

 

大学時代にはジャズ研究会でウッドベースに触れ、ファンクからソウル、ポップスなど様々なジャンルのバンドからサポート依頼を受け始めたようです。

この縁が今まで継続され、いつしかプロ活動となったというある意味、音楽の奇才じゃないでしょうか。

 

さっちゃん

FLOWER FLOWERさん(@flower_flower_official)がシェアした投稿

最後はドラムス担当の『さっちゃん』、1977年2月2日生まれの41歳(2018年5月現在)。

まふまふとは1日違いなんですね!

 

唯一の東京出身で、及川光博さんやいきものがかり等のライブで共演したり、スタジオミュージシャンとしてお声がかかる実力派ミュージシャンの1人です。

 

また『plot.』というネーミングでソロプロジェクトの活動や、空いた時間には渋谷や横浜でドラムの個人レッスンも行ない、後継者育成にも力を入れているところが音楽にどん欲な姿勢がうかがえますね。

 

何故ここまで精力的に人材育成にまで力を注ぐのでしょう。

さっちゃん自身、15歳にドラムと出会い、猪俣猛氏や田中康弘氏を師と仰いできました。

その両氏の情熱を受け継いだことで、本物を育てることを使命と感じているようです。

 

スポンサーリンク

FLOWER FLOWERの代表曲や売上枚数は?作詞作曲は誰?

FLOWER FLOWERの結成日や事務所は?メンバーの名前や担当と代表曲も

『FLOWER FLOWER』の曲はソフトなものからハードなものまで、オールラウンドな顔を持っています。

中でも『素晴らしい世界』は『玉川区役所 OF THE DEAD』という、テレビ東京系ドラマ24のエンディングテーマでしたので何気なく耳にした方も多いのではないでしょうか。

 

また『FLOWER FLOWER』として2016年9月にリリースされた、初のシングル『宝物』はオリコン10位を記録し、約6,500枚を売り上げました。

 

楽曲の作詞作曲はyuiさんが行い、アレンジはメンバー全員で行っているのが楽曲のクォリティを安定させ、ブレない方向性を保っている最大の理由じゃないでしょうか。

もともとソロ時代から実力派だったYUIさんですが、彼女が認めたメンバーで構成されたバンドはyuiさんになって、パフォーマンスが充分に発揮できる環境になったように感じます。

 

個性の強いメンバーがいい方向に化学反応を引き起こしていると思いませんか。

様々なシーンで聴いてみたくなる楽曲ばかりですよね。

ただし、自転車に乗ってる時や他の人の迷惑にならない程度でたのしみましょうね。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 高橋メアリージュンの学生時代!中学高校や大学や部活は?バレーの実…
  2. 高梨沙羅は美脚だけど足は短い?現在の身長体重や筋肉の秘密はトレー…
  3. 大野拓朗の家族構成や兄弟は?関西弁がうまいけど実家は大阪?
  4. 羽生結弦は頭がいい?小中学校や高校の偏差値と大学の学部学科と卒業…
  5. くっきー(野性爆弾)の出身地や高校大学はどこ?学生時代の学歴と実…
  6. 紀平梨花の出身幼稚園や小学校は?中学高校の偏差値や学生生活も!
  7. 藤井聡太は頭がいいけど学力は?受験する高校や大学はどこ?
  8. 小平奈緒の実家の家族や兄弟構成は?頭がいいだけでなく文武両道だけ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題の人

  1. 濱田龍臣の出身中学校や高校はどこ?現在の身長や体重も気になる

日常のお役立ち

  1. 猫カフェで猫がそっけなくて懐かない!寄ってこない時の好かれるコツと触る時のポイントは?

テレビ・映画

キャラクター

PAGE TOP